シャープのトナーの良さ|モノづくりに活用できる3dプリンター|比較サイトで性能を見比べる

モノづくりに活用できる3dプリンター|比較サイトで性能を見比べる

複数の人

シャープのトナーの良さ

インク

シャープではインクやトナーのカートリッジを多く販売しています。しかし、インクとトナーのメリット・デメリットについてわからない方も多いかと思います。インクとトナーの性質が違うので用途に合わせた活用について紹介いたします。印刷にはインクかトナーならどちらでも良いです。ですが、利用する紙の種類やポスター印刷なのか、大量に印刷しないといけないのか、と様々な用途があります。仮にポスターや大量印刷であればトナー、写真印刷や色が強調される印刷が目的ならインクとお互いにメリットがあります。では大まかなメリット・デメリットについて紹介いたします。まずはインクです。上記にも書いていますが『写真や色の印刷には適している』ということです。価格もトナーに比べ抑えられています。しかし、内容量が少ないために大量印刷には向きません、少ない分何度もカートリッジを交換する必要があります。
ところで、複合機には定着器というものがあり、定着器でトナーに熱を与えて印刷していきます。しかし、定着器の消費電力は全体の6割以上も電力を消費してしまいます。ですがシャープの定着器は独自の構造でその消費電力を抑えることに成功しました。シャープのコピー機や複合機を使用し、会社での節電やコスト削減に繋がりますので、しっかりと検討しましょう。印刷するなら何でも良いというわけではないので、しっかり用途に合わせてシャープのトナーを選ぶようにしましょう。