モノづくりに活用できる3dプリンター|比較サイトで性能を見比べる

複数の人

販促・掲示物のパウチ加工

ラミネーター

印刷物を長持ちさせる技

スーパーや衣料品店・家電量販店・書店などの小売店では店内にさまざまな販促グッズを使用していますが、特に多くの店で活用されているのは店内POPです。印刷したり手書きしたりして作成するPOPは、店員に代わって価格訴求や商品紹介の役割を果たしてくれます。店内POPの中には一定期間掲示し続けたり、繰り返し何度も使用したりするうちに傷んでくる場合もあります。飲食店に欠かせないメニューなども含め、紙を使った販促物や掲示物は継続使用による劣化もある程度は避けられません。そうした劣化を防いで紙を長持ちさせる方法としては、ラミネートフィルムを使ったパウチ加工が最も効果的です。繰り返し使用するPOPやメニューはもちろん、店内や店頭で使用されるさまざまな掲示物にラミネート加工を施せば、耐久性アップに加えて防水効果も得られます。紙をプラスチックフィルムにはさんでラミネーターによる熱処理を行うことにより、パウチ加工後は紙に光沢が出て高級感が出るため美観も大きく向上します。大量のPOPや掲示物を使用する店では専用のラミネーターを導入してこのようなパウチ加工を行っており、販売促進に役立てているのです。

安定動作の業務用

印刷物等のパウチ加工に欠かせないラミネーターは、OA機器を扱う業者を通じて購入やレンタルができます。家庭用のラミネーターもホームセンター等で売られていますが、オフィス用・業務用製品は家庭用と比べて耐久性に優れるものです。オフィス用・業務用のラミネーターにはローラーが2本のタイプと4本のタイプ、6本のタイプの3種類があり、ローラーの数が多いほど動作の安定性が高くなります。一般にこのようなラミネーターは何枚も続けて加工処理をしていると熱量が不足するものですが、上位機種ほど連続加工枚数が多いものです。一度に大量のPOP等をラミネート処理するような店では、ローラーの数と連続加工枚数の多い製品を選ぶようにするといいでしょう。業務用ラミネーターの中には250mm厚のラミネートフィルムを扱える製品もあり、この場合はより耐久性に優れたプラスチックプレートも制作可能になります。この他にもスピードコントロール機能や逆回転機能などを備えた製品を選ぶことによって、ラミネート作業はさらに効率化します。店内POPをパウチ加工すれば売上アップも期待できるため、高機能ラミネーターは多くの店から人気を集めているのです。