モノづくりに活用できる3dプリンター|比較サイトで性能を見比べる

複数の人

画期的なものづくり技術

女性

立体を空間上に自動出力

近年、ものづくりの現場に革命を起こすとして新聞紙上などで大きな話題を呼んでいるのが、3Dプリンターです。3Dプリンターは、簡単に言えばパソコンに接続して文書や画像などを印刷するプリンターの3次元版です。つまり、デジタルデータを立体としてそのまま出力できるマシンです。具体的にどういう点が画期的かというと、最大の特徴は手作業を一切介さなくても立体造形物が造れてしまうことです。3DCGソフトによって座標を指定すれば、これまでは人間の手が何日もかけて削ったり組み立てたりしなければ実現できなかった複雑な形状も、数分から数時間で完成させることができます。そのため、3Dプリンターはフィギュアやオブジェ制作など主としてアート関連・クラフト関連の分野で人気を集めています。

産業分野でも大活躍

また、3Dプリンターは機械製造業や家電メーカーなど、一般企業においても注目されています。従来、さまざまな製品や部品を作る際には少量の試作品をまず製作し、それに修正を繰り返しながら徐々に完成品に近づけていくという作業が欠かせませんでした。しかし3Dプリンターならばさまざまなバリエーションをコンピュータ上でシミュレートし、それをダイレクトに出力することができます。企画・設計段階での工程数や所要時間を大幅に省略・短縮することが可能になります。さらに、従来は鋳造によらなければ作れなかったような製品でも、3Dプリンターがあれば鋳型の製作というプロセスを省略していきなり造型することができます。そのため、製造コストの節減にも貢献します。